相続や生前贈与は尼崎リーガルオフィス|神戸市・西宮・芦屋・大阪

 

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

アクセスマップ
お問い合わせ

 

ブログ

 

司法書士事務所 尼崎リーガルオフィス

 

債務整理サポート

 

プレゼント中! 相続・遺言ガイド 資料請求はこちら

 

司法書士事務所尼崎リーガルオフィス facebook

 

HOME»  不動産の名義変更

不動産の名義変更


 

不動産の名義変更(所有権移転登記)


 

不動産の名義変更(所有権移転)手続き
 

 

不動産を購入したり、相続によって取得したりした場合は、自身が所有者だということを表示するために、不動産登記をする必要があります。

とはいうものの、そもそも不動産登記は義務ではないので、

必ずいつまでに登記をしなければならないという決まりはないのですが、不動産登記をしていない場合、その不動産の本当の持ち主が誰なのかわからないですし、もし元の持ち主が、まだ自分に名義があることをいいことに、その不動産を第三者に売却してしまった場合(二重譲渡)で、第三者が先に登記をしてしまい、最初に購入した人が登記をしていなければ、いくら最初に購入していたとしても、この不動産は第三者の者になってしまいます。
 

 

不動産の名義変更(所有権移転)手続き

 

また相続の場合においては、不動産登記をしていない状態でさらに相続が発生していくと、相続人が代ごとに増えていきますので、相続人を特定するだけでも一苦労です

以上のことからも、不動産を取得した場合はなるべく早く不動産登記をすることをお勧めします。


 

不動産を取得した経緯が「売買」「相続」「贈与」など、その原因によって必要書類や費用が異なってきますが、ここでは主に「相続」のケースを中心に説明していきます。

 

 

相続による所有権移転登記の必要書類


 

・ 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡まで

・ 被相続人の住民票除票

・ 相続人全員の戸籍謄本

遺産分割協議書(法定相続分以外の相続割合を定めている場合は必要)

・ 遺言書(被相続人が遺言書で相続分の指定をしていた場合に必要)

・ 相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書の印影確認のため)

・ 不動産を取得する相続人の住民票

・ 不動産を取得する相続人からの委任状

・ 固定資産税評価証明書

 



 



 

 

所有権移転登記にかかる費用


 
司法書士報酬 : 各事務所の規定による(当事務所の報酬については こちら をご参照ください)
登録免許税 : 不動産価額の4/1000
(※ 売買や贈与の場合は20/1000) 
その他戸籍や登記簿の取得などのために要する費用
 

 

※ 上記必要書類等は、司法書士に依頼した場合を想定しています。ご自身で申請される場合は、委任状や司法書士報酬は必要ありません。

 

 


                当事務所へのお問い合わせはお気軽にどうぞ

ご相談窓口 9時~17時

 

メール相談は24時間受付中