相続や生前贈与は尼崎リーガルオフィス|神戸市・西宮・芦屋・大阪

 

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

アクセスマップ
お問い合わせ

 

ブログ

 

司法書士事務所 尼崎リーガルオフィス

 

債務整理サポート

 

プレゼント中! 相続・遺言ガイド 資料請求はこちら

 

司法書士事務所尼崎リーガルオフィス facebook

 

HOME»  遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成


 

遺産分割協議書の作成


 

遺産分割協議がしっかりと成立したら、協議の結果を書面に記し、相続人全員が署名・捺印をします。
(協議の結果、遺産を相続しない事になった人も全員署名・捺印します)
この書面を
遺産分割協議書といいます。

この遺産分割協議書は必ず作成しなければならないという訳ではありませんが相続税の申告の時、不動産の相続登記をする時、また配偶者の軽減措置の手続きをする時等に必要となりますし、後のトラブルを防ぐ為にも作成しておくべきでしょう。


※ 当事務所にて遺産分割協議書の作成も承っております。

 

 遺産分割協議書



 

作成時の注意


 

遺産分割協議書の作成において注意すべき点は、以下のとおりです。
 

 

胎児が相続人予定者になっている場合には、胎児の出生後におこなうこと


 

相続人に未成年がいる場合には、未成年の法定代理人が協議に参加して作成すること


 

未成年者の法定代理人も相続人である場合には、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立をして、特別代理人が未成年者に代わって協議に参加します。
 

 

財産の表示は正確に行うこと


 
(1) 不動産の場合は、不動産登記簿謄本の記載通りに地番や地目、面積や構造を記載
(2) 預貯金の場合には銀行名・支店名・預金種別・口座番号・口座名義を記載
(3) 相続人全員が必ず直筆で署名すること
(4) 住所・氏名の署名は、すべて印鑑証明書の表示通りに記載すること
(5) 署名への押印は実印で行い、印鑑証明書を遺産分割協議書に添付すること

 

以上です。
 

 

なお、財産が多数・多岐にわたる場合には財産目録一覧表を作成し、遺産分割協議書と一緒に綴じ、全員がページの繋ぎ目に押印した方がよいでしょう。

 

 


                当事務所へのお問い合わせはお気軽にどうぞ

ご相談窓口 9時~17時

 

メール相談は24時間受付中