相続や生前贈与は尼崎リーガルオフィス|神戸市・西宮・芦屋・大阪

 

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

アクセスマップ
お問い合わせ

 

ブログ

 

司法書士事務所 尼崎リーガルオフィス

 

債務整理サポート

 

プレゼント中! 相続・遺言ガイド 資料請求はこちら

 

司法書士事務所尼崎リーガルオフィス facebook

 

HOME»  遺言とは?

遺言とは?

ここでは「遺言」についてお話します。
さて、遺言と聞いて自分には関係ないと思われた方も多いのではないでしょうか。
しかし、そんなことはありません。老若男女問わず誰にでも関係のあることです。

遺言は何もご年配の方だけが書くものではありません。
成年被後見人などの例外を除いて、15歳以上であれば誰でも遺言書を作成することができるのです。
遺言書は自分で書くのが一般的な方法ですが、遺言の方法は以下のように3種類あります。

 

遺言とは

 

●自筆証書遺言

遺言者本人が、自筆で書面にする遺言書です。
費用もかからないので簡単な方法ですが、書き方が定められているのと、遺言者の死亡後に家庭裁判所で検認という手続きが必要になります。

 

 

●公正証書遺言

公証人が作成する遺言書です。
公証人と証人2名以上の前で遺言内容を口授し、それに基づいて公証人が遺言書を作成します。
この方法で作成された遺言書の場合、死後の家庭裁判所での検認手続きは不要です。
公証人の費用などがかかりますが、遺言書の有無が明確ということと、検認の手続きが不要ということがあるので、遺言の効力を発生させるのに最も確実な方法です。

 

 

●秘密証書遺言

遺言の内容を誰にも知られたくない場合に用いる方法です。
遺言の内容は秘密にしたまま、自分の書いた遺言であるということの証明のために、公証人と証人2名以上に署名してもらうものです。
公証人と証人は、あくまでもその人の遺言であるということの証明だけのために立ち会うので、内容まで確認しません。
なので遺言者の死亡後に、家庭裁判所にて検認を受ける必要があります。

 

 

「公正証書遺言」以外は遺言者の死後、家庭裁判所で検認を受ける必要がありますが、遺言の効力そのものに違いがあるわけではありません。
しかし、自筆証書遺言の場合は書き方が定められているので次の点で注意が必要です。
 

・ 自筆であること
・ 日付の記載があること
 (〇月吉日のように日付を明確にしないものは無効です)
・ 遺言者本人の署名、押印があること



書き方が定められているように、すでに書いた遺言を訂正する場合にもまた方法が定められています。
訂正の方法を間違ってしまうと、遺言の効力そのものが失われてしまう恐れがあるので、面倒でも新たに作成し直したほうが無難でしょう。
自筆でかかれる場合は、書き方を誤ると無効になってしまう可能性があるので、不安な方や、書き方がわからないという方はお気軽にご相談ください。

                当事務所へのお問い合わせはお気軽にどうぞ

ご相談窓口 9時~17時

 

メール相談は24時間受付中